企画LIVEのお知らせ

次回の企画LIVE


『ゆきことるつこ、東京名古屋 爽秋つあ〜(仮)』


東京公演
2015/9/5(土)
松倉如子と熊坂るつこ
三輪二郎
・mmm
場所:東京阿佐ヶ谷harness
開場18:30 開演19:00
料金 予約2,500円 当日2,800円 +1drink



名古屋公演
2015/9/6(日)
松倉如子と熊坂るつこ
・長谷川雄一(PLUTATA)
・kiiiu
場所:名古屋鶴舞KDハポン
開場18:30 開演19:00
料金 2,000円 +1drink 



2015/4/17〜4/19
穂高亜希子with熊坂るつこ
『みずいろ』発売記念、その先へツアー関西名古屋編


穂高亜希子のうたに出会ったのはいつの頃だろうか。初めて名前を見聞きしたのは、なんのこっちゃい西山。という人の企画したライヴに出演するということで、その企画者に薦められたのが初めてだろう。
そのうたを意識したのは、渋谷UPLINKでのJOJO広重さん監修の『日曜日のうた』のレコ発ライブだったと思います。
東日本大震災が起きて、その後すぐに穂高さんは高円寺書林で「みんなのアコースティック・ワンマンライブ」を2ヶ月間に渡って企画していて、ちょうど自分の企画で、三村京子渋さ知らズ不破大輔の共演のライブを企画していた時期で、三村さんがその企画に出演していたこともあって知ることが出来た。その2ヶ月間で30回に渡る企画、自分は数回ほどしか行けなかったけど、手作り感があって穂高さんの意志が伝わってくる素敵な企画だった。その最終日の穂高亜希子のライブも素晴らしかった。
その年に穂高亜希子は、吉田悠樹,服部将典との「ひかるゆめ」をリリース。そのレコ発ライブ。時間には間に合わなかったので、人知れずCDだけ買って、rollのお菓子も頂いて、その場をあとにした。

熊坂るつこの演奏に会ったのは、西荻窪のサンジャックか。青葉市子との共演だったと思う。しばらくして、サンジャックの平林さんから、熊坂るつこと金澤美也子(自分の企画で室舘彩・かわいしのぶとのトリオ(まだ実現していない)や外山明や國仲勝男との共演で出て貰った)との共演を持ちかけられる。
熊坂るつこの演奏で特に印象的だったのは、早川義夫との共演。そのライヴは、おしりたち(酒井俊+石橋英子)との対バンで、客席に北村早樹子がいたりで、その先の自分の企画にとても影響があったのだ。石橋英子はソロ、酒井俊灰野敬二・瀬尾高志と、北村早樹子は坂本弘道と、それぞれ出演頂くことになる。

2012年、ちょうど国立の地球屋のエルさんからるっちゃんのソロが聴きたいと持ちかけられまして、自分がするからには持ち味を存分に発揮できる場にしたいなと思いまして、アコーディオンのソロだから対バンもインストの方がいいかなと思いつつ、なかなかあの剥き出しの演奏に応えるのは思い浮かばず、そこで何故かシンガーソングライターの穂高亜希子のことを考えていた。実はここまで3分とかからなかった。それしか自分にはなかったのだ。勘でしかなかったけど。
4月、桜も散り切った頃合いに、地球屋で穂高亜希子と熊坂るつこの対バンが実現した。その数日前に穂高亜希子の「ひかるゆめ」を録音した、吉田悠樹服部将典とのトリオでの活動を休止することが発表された。当日はそれぞれの演奏に、まだつたなかった穂高亜希子と熊坂るつこの「悲しみ」や、出演者全員で穂高さんが当日突然持ってきた「春の雪」が初演された。
その後、何度か2人での共演の機会もあって、今度は2人だけで、対バンではなくて全編共演のワンマンライヴの機会を探り始めてた。
ちょうどその頃合いに、早川義夫さんと熊坂るつこにJOJO広重さんと穂高亜希子でのツアーがあって、やはりこの2人の出会いは必然だったのだろう。
12月には2人のワンマンライブは合羽橋なってるハウスで実現した。前半は熊坂るつこの持ち曲、後半は穂高亜希子の曲といった構成。2人の共演もひとつの到達点を迎えたかのような、とても素晴らしく幸福なライブとなった。
ちなみに丁度自分が3ヶ月連続の企画で、イーヨwith不破大輔,石渡明廣,小森慶子、組原正+広瀬淳二、の後の企画だった。
その後しばらくして、穂高さんが新たにアルバムの制作に入る。メンバーは熊坂るつこに関島岳郎さん服部将典さん吉田悠樹さん。制作は前作同様にF.M.N. SOUND FACTORY。
2014年になって、録音も終わった頃合いかな。レコ発ライブの話もちらほら出るくらいの頃に、穂高さんとsakanaの対バンの話が持ち上がる。穂高さんの新作のリリースが先送りされる中で、レコ発ライブを待つより、出来る時期に実現したいなと、5月に穂高亜希子with吉田悠樹sakanaの対バンが実現する。
この頃自分の企画はうたのライヴが続いていて、早川義夫+熊坂るつこ+坂本弘道を皮切りに、島崎智子,野田薫,佐々木彩子,穂高亜希子,sakana,松倉如子,柴田聡子,PIKA☆,白波多カミンと、脈絡がないようで実はあるラインナップとなってます。
ようやく9月に穂高亜希子「みずいろ」が発売。いつの間にか自分がレコ発ライブを企画することに。これは吉祥寺MANDA-LA2でのラブジョイのライブの時に決まったのだな。第三者が関わるのはどうかと思い、俊巡しましたが、今までの経緯もあるからで引き受けることに。録音メンバーが揃う日程の調整がなかなか大変であったが、10/28に無事吉祥寺MANDA-LA2で催すことが出来ました。
レコ発ライブを終えて、そうなってくると東京以外でもライブをすべきだという思いも強くなってきて、名古屋京都大阪のツアーを提案することになる。
年を越えて、3/3に四谷の喫茶茶会記にて穂高亜希子と熊坂るつこのワンマンライヴが催された。新曲があったり、2人の連弾が見れたりと、より2人の世界を深めるライブとなった。
さてツアーの企画は、「みずいろ」録音メンバーではツアーはあまりに困難なので、せめて2人でのツアーということで企画させて頂きました。ちなみに吉田さんと服部さんが参加するNRQがその前の週に大阪で、関島さんが同日に大阪でライヴがあったりなのです。


17日名古屋と19日大阪は対バン、18日京都はワンマン。
それぞれの対バンは現地のミュージシャンを軸にお願いしました。

名古屋のKDハポンでは、
ブラジル音楽ネオ新世代派への共感をもとに様々な要素を取り込んだプログレッシヴデュオNARCO。内橋和久、古池寿浩、K'DLOKKのNObLUEとも共演している。地元豊橋で「街かど音楽会」を定期的に開催している。
THE PYRAMIDやツクモクなどのバンド活動に、「みずいろ」にも参加した吉田悠樹服部将典と共に録音したファースト・アルバム『onda』を昨年発表したばかりの角田波健太。
爆音ながら不思議と柔らかな波動となって会場を包み込むギタリスト本村ナオミ、アルバム「whole」をリリースしている。D-1ドラム選手権初代覇者の竜巻太郎とのデュオも素晴らしかった。実はZELDAの元メンバー。

難波ベアーズでの共演は、
ex.非常階段、IDIOT O’CLOCKのギタリストで、渚にての新作にも参加した頭士奈生樹。「みずいろ」にはコメントを寄せている。
オオルタイチとのユニットやテニスコーツとのユニットや、最近だと、豊田道倫千野秀一との共演で知られる、希代のインプロ奏者、半野田拓。自分が初めて見たのは、二階堂和美千野秀一とのトリオだった。ちょうど、千野秀一+広瀬淳二+芳垣安洋の企画ライヴの直後がこのツアー。


毎度のことですが、どうなることやら・・・。是非お越しください!






問合せ先:yanterapunk@gmail.com

今までの企画LIVE動画
http://www.youtube.com/channel/UCJa1aLO1Tj_UxpQ-Jtj8xRA



今までの企画LIVE
2010
9/21 金澤美也子,外山明合羽橋なってるハウス
10/4 國仲勝男,金澤美也子@高円寺グッドマン
12/14 イーヨ,不破大輔合羽橋なってるハウス
2011
4/29 三村京子,不破大輔合羽橋なってるハウス
5/21 藤井郷子,今堀恒雄合羽橋なってるハウス
8/13 太田惠資,金澤美也子@合羽橋なってるハウス
8/31 テニスコーツ,不破大輔合羽橋なってるハウス
11/6 松倉如子とチェンバーアナホールトリニティ(伴瀬朝彦,河合一尊,遠藤里美)/イーヨwith横川理彦@合羽橋なってるハウス
12/5 石橋英子/橋本奈奈support柳隼一,角谷奈緒子@合羽橋なってるハウス
2012
2/18 金澤美也子,熊坂るつこ@合羽橋なってるハウス
3/27 灰野敬二,外山明合羽橋なってるハウス
4/17 穂高亜希子with服部将典,吉田悠樹/熊坂るつこsolo@国立地球屋
6/23 川下直広,不破大輔,岡村太,山口コーイチ/見汐麻衣solo@合羽橋なってるハウス
8/21 灰野敬二,吉田隆一@合羽橋なってるハウス
9/29 グンジョーガクレヨン+高岡洋介@八丁堀七針
10/28 イーヨwith不破大輔,石渡明廣,小森慶子@合羽橋なってるハウス
11/17 組原正,広瀬淳二@合羽橋なってるハウス
12/2 穂高亜希子,熊坂るつこ@合羽橋なってるハウス
12/22 グンジョーガクレヨン/ju sei@八丁堀七針
2013
2/2 太田惠資,金澤美也子,熊坂るつこ@合羽橋なってるハウス
2/13 組原正,高原朝彦,古池寿浩@八丁堀七針
3/4 泉邦宏,金澤美也子@西荻窪サンジャック
3/7 泉邦宏,外山明@国立地球屋
3/30 マヒトゥ・ザ・ピーポー/北村早樹子+坂本弘道合羽橋なってるハウス
7/7 松倉如子と熊坂るつこ@下北沢lown
8/18 林栄一,広瀬淳二@八丁堀七針
9/28 広瀬淳二,千野秀一合羽橋なってるハウス
10/4 松倉如子と熊坂るつこ/池間由布子@合羽橋なってるハウス
11/25 酒井俊,灰野敬二,瀬尾高志@新宿PIT INN
12/20 組原正+佐藤優介/ニュー山バンド(柴田聡子,クリストフ・シャルル,貝和由佳子)
2014
3/1 早川義夫+熊坂るつこ+坂本弘道
4/26 金澤美也子+熊坂るつこ/飯田華子
5/9 野田薫+植野隆司+あだち麗三郎/島崎智子+瀬尾高志
5/12 佐々木彩子
5/24 穂高亜希子+吉田悠樹sakana
6/4 松倉如子+熊坂るつこ/柴田聡子+かわいしのぶ
7/6 PIKA☆+外山明/白波多カミン+久下惠生
8/19 山崎阿弥+外山明
9/7 広瀬淳二+千野秀一
10/23 イーヨwith石橋英子/ju sei
10/28 『穂高亜希子「みずいろ」発売記念ライブ』
11/13 千野秀一+石田幹雄
12/10 北村早樹子+坂本弘道三村京子
12/22 松倉如子と熊坂るつこ/三輪二郎/mmm
2015

『「tingating a gogo in lete 」pocopen』@下北沢lete

5/10(日)
『「tingating a gogo in lete 」pocopen』@下北沢lete
pocopen(vo,g)エマーソン北村(key)菅沼雄太(per)


5/5に続いて、sakanaのpocopenさんのソロアルバム「tingatinga song」のレコ発のスピンオフという感じかな。
収録曲はもちろん、sakanaの懐かしい曲や先日したばかりの新曲もがっつり聴けました。

両手に鎌トリオguest泉邦宏@千駄木BarIsshee

5/9(土)
両手に鎌トリオguest泉邦宏千駄木BarIsshee
植村昌弘(ds,etc)金澤美也子(key,etc)かわいしのぶ(b,etc)泉邦宏(as,ss,etc)


泉さんのリュックをひっくり返せば鳥やらカエルやら牛やら。
下品さも清々しいほど突き抜けてました。

『白波多カミンpresents「くちうつし」』@下北沢風知空知

5/7(木)
『白波多カミンpresents「くちうつし」』@下北沢風知空知
白波多カミン(vo,g)/平賀さち枝(vo,g)


アンコールは2人の共演もあり

『「tingating a gogo in lete 番外編」pocopen』@下北沢lete

5/5(火)
『「tingating a gogo in lete 番外編」pocopen』@下北沢lete
pocopen(vo,g)


この日は本編は全部カバー。
驚きはフールズの「oh baby」のカバー
映画の曲が多かったかな。

穂高亜希子@新宿裏窓

5/4(月)
穂高亜希子(vo,g)@新宿裏窓


新宿ゴールデン街の裏窓でのライブ。定員は10名。
この日は前作「ひかるゆめ」収録の曲なども、久し振りに曲もけっこう聴けました。

『植野隆司のバベルの塔』@吉祥寺キチム

5/3(日)
『植野隆司のバベルの塔』@吉祥寺キチム
テニスコーツ<さや(vo,g)植野隆司(vo,g)>梅田哲也(sound)
池間由布子(vo)マヒトゥ・ザ・ピーポー(vo)etc


植野さんの絵の展示と演奏の千秋楽。
ゲストもいろいろてんこもり。
さやさんと池間さんのツインヴォーカルも素晴らしかったなぁ。
最後は植野さんと梅田さんの微妙なやりとり。